Voyage de VARNA体がボロボロだ。リハビリしなきゃ、整体行かなきゃ。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
心に穴が空く。 10:42
他人の作ったケーキに驚き、他人の作ったカレーに驚き
他人の作った空想に驚き、他人の作った歌に驚く事があります。


私はそれを「心に穴が空く」と自分の中で表現します。
ぽっかりと、打ち抜かれたように心に穴が空きます。


人間という生き物はよく出来ていて、例えば肉体が同じように
傷を受けたとしましょう。ぽっかりとあいた傷は埋まります。
前よりも頑丈に作るように肉体は努力します。


貝沼君と阿辻君と梅津さんと「風立ちぬ」を見に行きました。
ぽっかりと空いた穴の先に、空想のレンズが見えました。


私の空想力はまだ尽きていない、まだ創造の10年は終わっていないと
思いました(宮崎駿監督談「人間の創造は10年が限度」)


レンズの先に見えた宇宙に空想のロケットを打つ。
そういうお話を書こうと思いました。それがどんな結末になろうと
私がそれを書こうと思った瞬間に、それは存在していい空想なのです。


その空想が誰かの現実を揺れ動かすかもしれないのなら
ここからあなたのこころを空想のレンズで覗きます。


書いて欲しい作品を書くのも作家の役目なのです。
なるほど、わかりました。もっともっと夢が欲しいのですね。


私はそれを書こうと思います。


「うちゅうひこうしのぼうえんきょう」


とでも名付けましょうか。そんな空想を描こうと思います。
筆を折るのはまだまだ先の話だったようです。



宮崎駿監督に感謝
パーキンソン病を克服して歌う樋口了一さんに感謝


このブログを読んで頂いてる方に感謝。

| 乾裕子 | comments(0) | - | posted by 乾裕子 - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>