Voyage de VARNA公式サイト形だけは阿辻が戻してくれた。専門外なのに偉い。
訂正して修正するのもそこまで時間はかからないそうだ。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
百年の孤独。 20:58
EPOというシンガーソングライターの曲に「百年の孤独」という曲が有る。

これが私の原風景なのだと思う。自分に何が出来るのか、自分に何の意味があるのか

そうなのだ「目覚めた魂のしずかな独り言」それが、私の作品。


全ては別れの時の為に。「言い換えるならそれは・・・」

決して「さようなら」という言葉を使いたくはない。

百年残る言葉を選ぶのなら、それは「ケイゾク」されなければならない。


多くのものを失い、微々たるものを得る。それが人生。
痛みの方が多く、悲しみの方が多いのは自分だけじゃない。

人生というのは「痛い」。

中2、中3の時に貝沼の家には6人〜8人の人間がいつも
集まって下らない話をしたりゲームをしたり、あいつの周りにはいつも
人が集まっていた。だけど、あいつは孤独だった。

自分の事がよく分かってない生き物なのだ。
なので手紙を書いてあげるのだが、あいつは真面目に読もうとしない。

あなたは多分、死ぬまでそういう生き方しか出来ない。

孤独が孤高の存在になるまでの旅。それがVARNA。

誰もが一人で死んでいく。何を残すかを決めるだけ。


柄にもなく、貝沼がナーバスになっているので
久々にブログを書いてみる。ここに来て、この文章を読んで。
それでも旅が見たいのなら、明日も見に来ればいい。

私達はただの人間だ、だけど「魔法」を持っている。

それは誰の心にもあるのだけれど「使い方」は少し難しい。

後は阿辻直也にまかせようと、思う。明日は貴方が当番だから。

私はもう少し「縁の鵺」を進めようと思う。

 
| 乾裕子 | comments(0) | - | posted by VARNASTAFF - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>