Voyage de VARNAバタンキュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
確か22か23歳頃の時に作った芝居。 19:38

母の事を思い出して、生きる気力を取り戻した。

そんな姿を乾裕子が作品にしてくれました。

 

「DRIFTERS!!!」ドリフターズはいかりや長介率いる

ザ・ドリフターズとは関係なく「漂流者達」という意味です。

 

「生きる事は難しい、でも、生きようとする事はもっと難しい」

そんな台詞がある芝居でした、そしてキャッチコピーは

「人は運命に組み込まれた数字である」でした。

 

足掻けるなら足掻くのが人生であります。

足掻く事は、足掻かない事より価値があり

そして足掻く事は生きる事より「もっと難しい」という事であります。

 

 

 

| 貝沼大介 | comments(6) | - | posted by VARNASTAFF - -
Comment








考えたことなかったけど、改めて言われると気づきがあるでしゅしゅ
posted by 山田じゃないたえ | 2018/12/25 11:19 PM |
その乾はんの作品を一度鑑賞してみたいでありんすー
posted by ゆうぎり姐さんラブ | 2018/12/26 1:32 PM |
平沢進…いいじゃない。
posted by 水野あみ | 2018/12/26 5:24 PM |
そーいや平沢進ってサイリウム禁止って言ってたな。どうしても振りたいやつは印鑑だとさ。でもシャチハタはお気に召さないらしい。シャチハタさん可哀想。
posted by けーま | 2018/12/26 11:32 PM |
足をかくのは大事ね。でも足枷があったら足かけないから座長の足枷が少しでも取れることを祈ってるわ。
posted by 水野あみ | 2019/01/03 4:19 PM |
魂を超薄切りにしなきゃね。
posted by 水野あみ | 2019/01/06 3:23 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>