Voyage de VARNA公式サイト形だけは阿辻が戻してくれた。専門外なのに偉い。
訂正して修正するのもそこまで時間はかからないそうだ。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
あ、しまった 19:40

砂の器を借りるときに

火垂るの墓借りるの忘れた。

| 貝沼大介 | comments(0) | - | posted by VARNASTAFF - -
火垂るの墓が見たくなっちゃったなぁ 09:20

あれ、歳取れば取るほど見たくなるんだよねぇ

どっかにビデオテープ・・・があったとしても

再生する機器があったとしても入力する端子がない。

 

なんか落語の世界になりそうだよね100年後に。

| 貝沼大介 | comments(0) | - | posted by VARNASTAFF - -
池袋 森 母の背中 07:41

うまくまとまらないなぁ。

何もうまく書こうとする必要はないんだけど

一応、母も出てくるのでおちゃらけた文章には

出来ないワケですよ。公園ちょっと行ってこようかな

色々、思い出す事もあるだろうし。

 

 

| 貝沼大介 | comments(0) | - | posted by VARNASTAFF - -
ラーメン二郎食べてきた 12:43

ついうっかり開店前に並んじゃったよ

11時なのねオープン。

 

さぁ今日はもうニンニク臭くて人に会えないぞー。

パタンとガーリックシュリンプそして二郎のニンニクましまし。

 

パタン食べに行きたいんだよなー。(詳しくは孤独のグルメ参照)

| 貝沼大介 | comments(0) | - | posted by VARNASTAFF - -
うっわ 06:31

ラーメン二郎が食べたいデーだぞ。

雨降ってなかったら池袋店まで

出ようかなぁ。野菜ニンニクマシマシ辛め

| 貝沼大介 | comments(0) | - | posted by VARNASTAFF - -
ドラム式洗濯機がひっくり返った 00:03

重い、持ち上がらないどうしよう。

こういう時に便利屋さんって呼ぶのかなぁ

困った。何故、斜めになってのかも分からない

とにかく「北の国から」でも見て解決してないかなぁ

と無駄な時間を過ごしてみる。

 

 

| 貝沼大介 | comments(0) | - | posted by VARNASTAFF - -
今年のコミケ本当に大丈夫かなぁ 13:27

明日の降水量80ミリとか言ってたし

そもそも木曜日に気温が上がったら

大変な事になっちゃうよぉ

 

お兄さんはもうね心配で心配で

うちの洗濯機を直しに来てる場合じゃ

ないんじゃないのかなぁ、そもそもこれ

二人で持ち上げる自信ないよ。困ったなぁ。

| 貝沼大介 | comments(0) | - | posted by VARNASTAFF - -
意外かと思われそうですが、僕はこの魔弾のシチュエーション好きです。 11:53
なんか切ないし。
| 貝沼大介 | comments(0) | - | posted by VARNASTAFF - -
こんや、僕は恋に落ちた。そんな夜の歌。 11:41
| 貝沼大介 | comments(0) | - | posted by VARNASTAFF - -
坂本真綾 グラビティ 11:35

or have the tears deluded them?

maybe this time tomorrow

the rain will cease to follow

and the mist will fade into one more today

something somewhere out there keeps calling

am i going home?

will i hear someone singing solace to the silent moon?

zero gravity what's it like?

am i alone?

is somebody there beyond these heavy aching feet

still the road keeps on telling me to go on

something is pulling me

i feel the gravity of it all

(訳)
どのくらい歩き続けただろう
明日は何度も遠のいた
昨日に別れも告げぬまま
この手に握りしめてる想いはまだ確かな
それとも涙に惑わされてしまっただろうか

もし明日の今ごろ雨が霧に変わったら
その向こうにもうひとつの今日がある
誰かが 何かが僕を 呼び続けてるんだ

ずっと探し求めてる場所
月まで届く歌声が 闇を照らして僕を導く
そこはきっと 重力ゼロの世界

足にからみつく痛みを振りほどいたその先に
本当に誰かが待っているの?
道はただ語り続ける「さあ、行くんだ」
何かに強く引き寄せられて
僕はすべてに重力を感じてる
 

| 貝沼大介 | comments(0) | - | posted by VARNASTAFF - -
<< | 2/189 | >>